輸入車のおすすめ高価買取業者の解説・口コミなら

査定に有利なオプションや付属品は?

同じ車種でも付いているオプションや付属品の有無によって査定額は大きく変わってくることがあります

 

そこでどんなオプションや付属品が査定において有利に働くか、またオプションのどのような部分が重要視されているかまとめたいと思います。

 

査定にプラスに働くオプション

査定に有利に働くオプションとして代表的なものは自分でも買取業者でも取り付けられないオプションです。

 

例えば、オーディオサンルーフ純正ナビエアバッグ(特に日本での装着率があまり高くないサイドエアバッグ)などのメーカーオプションは査定額にプラスに働くことが多いようです。

 

その他にも純正ではないナビフロアマットシートカバーなどのオプションも査定にプラスになることがあります。

 

査定にマイナスに働くオプション

買取相場では販売時そのままの純正部品が高い価値を持ちます。そのため過度の改造や故障などは査定にマイナスに働くことがあります。

 

また、購入者は派手さよりも無難さを好む傾向にあることが多いため、派手な装飾などは査定にマイナスに働くことが多いです。

 

 

プラス査定のためのチェックポイント

 

 オプションの動作確認と清掃をきちんと行う

ナビやオーディオなどのオプションは査定にプラスに働きますが、それ自体が正しく動作しなかったり、汚かったりすると、せっかくのプラスポイントが少なくなってしまいます。
そのため査定の前に一度オプションの動作確認と清掃を行うと良いでしょう。

 

 純正部品、付属品は大切に保管しよう

先にも述べた通り、純正部品は査定額にプラスに働くことが多いです。
また購入時に付いてくる付属品の有無も査定に大きな影響を及ぼします。特に取扱説明書スペアキー保証書などは次の購入者にとっても必要なものであり、これらが無いことは査定額の下落につながります。
そのためこれから車を売ろうと考えている方は一度これらの有無を確認したうえで査定業者に持っていきましょう。

 

 部品を取り替えたり改造している場合

人によって好みが分かれるようなパーツを取り付けていたり、社外品のパーツを装着している場合、それが査定にプラスに働くかマイナスに働くかはパーツの品質などによります。
しかし、そのパーツを装着するために新しく穴を開けたり装着の際にキズをつけてしまっている場合はマイナスに働くことが多いです。

 

このようにオプションや付属品は査定額を変化させる一因となり、ものによっては数万円〜数十万円も査定額に影響することがあります。

 

一括査定サイトや当サイトのおすすめ買取業者ランキングで査定業者を数社に絞った後はオプションや付属品についても確認すると良いでしょう。

 

 

 

 


 
TOP おすすめ一括査定サイトと買取店 主要メーカー平均買取相場一覧 下取りより買い取りをおすすめする理由