輸入車のおすすめ高価買取業者の解説・口コミなら

わざわざ修理する必要はない

キズやヘコミというものは査定額に関わってくる要因です。

 

輸入車を売却しようとしている皆さまも高い査定額を得るために少しでもキズやヘコミを修理したいことでしょう。

 

ですが時間やお金をかけて修理を行うことに見合った査定額が本当に得られるのでしょうか?

 

まず業者に修理を頼むことは論外です。

 

業者に頼んだ場合の修理代は業者側の利益分も含まれており、その修理代に見合った査定額の上昇はほとんど見込むことができません。

 

業者に頼まなければならないようなキズやヘコミはそのままにして査定に出すのがベターでしょう。

 

 

次に自分で直せるようなキズについてです。

 

こちらも無理に直す必要はありません

 

そもそも小さなキズや小さなヘコミの1つ2つぐらいならば、買取業者の提携修理業者であまりコストがかからずに修理できるため大きくマイナスになることはほとんどありません

 

ただキズやヘコミの数が多ければそれだけ査定額への影響も大きくなりますし、隠すのなら修理より簡単ですのでキズやヘコミがなるべく目立たないようにする努力はすると良いかもしれません。

 

 

過去の修理歴はどう関わってくるの?

過去に事故などで修理歴がある場合は注意が必要です。

 

修理が完璧にされていて、素人目には事故車に見えないからといって修理歴を伝えなくても、査定士は容易く修理歴を発見してしまいます

 

日本自動車査定協会の調査でも修理歴見落としによる査定ミスは1%以下であり査定士がより注意を払って調査するポイントであることがわかります。

 

そのため修理歴を隠蔽してもバレることがほとんどで、信頼関係が重要な自動車買取では、この隠蔽が値段交渉に不利に働く可能性が生じます。

 

一度信用を失ってしまうと最高額であなたの外車を買い取ってもらうことは不可能といえるでしょう。

 

最悪の場合は買取キャンセルにもなりかねないので、過去の修理歴はきちんと相手に伝えるようにしましょう


 
TOP おすすめ一括査定サイトと買取店 主要メーカー平均買取相場一覧 下取りより買い取りをおすすめする理由