輸入車のおすすめ高価買取業者の解説・口コミなら

現物査定の際に業者が見るポイントとは?

 

 

同じ車種でもキレイに使われている車ほど人気があり、査定額が高いのは当然のことです。

 

しかし自動車の査定には専門的なポイントも多く、意外なポイントを査定士に見られることも多いです。

 

ですが、多少なりとも知識があれば、うまく交渉することができるかもしれませんし、事前に対策する事も出来ます。

 

では、その中でも特に評価に大きく関わるポイントとは何なのでしょうか?

 

最も重要な基本的ポイント

・車種
・グレード
・年式

 

これらはその車自体の価値を決める最も重要なポイントですね。
これらを基準として買取相場が決まります

 

 

その相場からどれだけプラスマイナスになるかは以下のポイントが関わってきます。

 

 

内装のポイント

・飲み物のシミや食べカス、小さなゴミ
シミなどが査定額に関わるのは言うまでもありませんね。小さなゴミはきちんと掃除し、消せるシミは消しておくことが大事です。
・喫煙などによる車内の匂い
匂いというものは次の購入者が一番分かりやすく感じるポイントなので、評価に大きく関わってきます。事前に消臭剤を設置して消しておくと良いです。
・フロアーマットの汚れや折れ
フロアーマットも一度車内から取り出して清掃しておくと良い評価につながります。
・カーナビなどのオプションや付属品(オプションについてはこちらで解説)
純正部品やスペアキー、取扱説明書などは元々付いているものなので、無くしてしまうと査定のマイナスポイントとなることがあります。

 

 

外装のポイント

・ボディの傷やヘコミの数やその状態
傷やヘコミがあまりにも目立つ場合は少しでもキレイにしておくと査定額に大きく関わります。ただ、修理代の方が高くかかってしまう場合もあるので注意!
修理すべきかはこちらの記事
・鍵穴の引っかき傷
鍵をさす際に着く鍵穴周りの小さなキズも査定額に関わることが多いです。
こちらのキズは簡単に消える場合もあるので一度確認してみましょう。
・ドア、ウインドウ、ワイパーの動作
これらの動作がスムーズであるか、変な音が出ていないかなども査定に関わってきます。
・カラー
ホワイト、シルバー、ブラックなどの人気が高いカラーの車は比較的査定額が高くなる傾向にあります。

 

 

パーツのポイント&車全般のポイント

・エンジン
エンジンが正しく動作するか、変な音が出ないかなどは査定に影響します。
また、エンジンオイルの状態、交換時期や修理歴の有無なども影響します。
・タイヤ関連
タイヤやホイールのキズ、サビ、へこみなども査定額に関わってきますので、一度洗っておくことが大事でしょう。

 

・走行距離
こちらは多ければ多いほどマイナスになる場合が多いですが、基本的には1年以内に1万キロ以上走っていると過走行車という基準があるようです。
・車検がどれだけ残っているか?
車検が遠ければ遠いほどプラスポイントです。買う側も車検が近い車を敬遠する傾向にあるので要チェックです。
・過去に事故を起こしてないか?
これは当然のことですが事故車というものは敬遠されがちです。修理歴があることが査定額に大きく関わります。

 

車の査定額に大きく関わるポイントは上記になります。

 

しかしその他の小さなポイントも多くあり、その全てを対策するということは時間もお金もかかってしまいます

 

なので上記のポイントを中心に自分が納得出来るだけの対策をしておくことが、一番良い方法だと思います。

 



 
TOP おすすめ一括査定サイトと買取店 主要メーカー平均買取相場一覧 下取りより買い取りをおすすめする理由