輸入車のおすすめ高価買取業者の解説・口コミなら

買い取りは一番お得な売却方法?

 

買取りと下取りの違い皆さまは正しく理解していますか?

 

タイトルのとおり、買取りと下取りでは10万円以上の差が出ることが少なくありません。

 

下取りには下取りの良さがあるのですが、少しでも高く輸入車を売却したいという方は、間違いなく買取りをオススメします。

 

ではなぜ買取りの方が高額で売却できるのでしょうか?

 

まずは買取りと下取りの違いから説明していきましょう。

 

 買取り

買取専門店などに今乗っている車を査定してもらい、そのお店に売却して現金を得ることを買取りといいます。
買取り件数は近年急激な増加傾向にあり、多くの人々が買取りを利用しています。

 

買取価格は中古車市場の買取相場を基に、オプションやパーツなどの査定評価を加えたり、キズなどを減額して買取価格が決まります
また、無料の出張査定や、名義変更などの手続きの代行もしてくれるので、とても難しい手続きがなく簡単に車を売却することができます

 

そして買取りの最大のメリットは買取り価格の高さなのですが、こちらは後ほど説明します。

 

 下取り

車を新しい車に買い替える際、車を購入する販売店に今乗っている車を売却して、新車の代金の一部に充てることを下取りといいます。
こちらも多くの方が利用している売却方法です。下取り価格は各社で決まっている下取り価格を基に、汚れやキズ、ヘコミなどを減額して決まります

 

販売店でそのまま車を買い替えられるため、買取りよりもスムーズに売却することができます。また新車の購入と旧車の売却が同時にできるため、代車を用意する必要はありません。

 

しかし一般的に下取り価格は買取り価格よりも低くなります

 

 

 

では、買取りが下取りよりも高額で売却できるのはなぜでしょうか?

 

まず下取りでは評価されない社外品のオーディオやカーナビなどのオプションが買取りでは評価してもらえます
これらが査定額に影響することは圧倒的なメリットであり、より高額な価格での売却につながります。

 

そして買取りの何よりも大きなメリットは、査定額の比較ができるということです。

 

複数の業者で査定することで、最高額で買い取ってもらえる業者を探すことができます

 

下取り価格に比べて数万円〜十万円近くの増額は当然のことで、場合によっては数十万円以上高額に売却することもできます。

 

輸入車であれば輸入車専門店や輸入車買取り強化中の業者が多く存在するので、比較の幅も広がります

 

また複数の業者と比較する手間も一括査定サイトなどを利用すれば簡単に行うことができ、最高額で買い取ってもらえる業者を探すことは難しくありません。

 

今すぐに新車と買い替えをしたいということでなければ、より高額で売却できる買取りを利用することをオススメします

 



 
TOP おすすめ一括査定サイトと買取店 主要メーカー平均買取相場一覧 下取りより買い取りをおすすめする理由